instagram Facebookツイッター
JAL
Mi. 28. Okt. 2020

姉妹が奏でる珠玉の音楽ピアノ・デュオのミニコンサート

ロストックには2019年に600周年を迎えたロストック大学のほかに、ロストック音楽演劇大学(HMT)があります。こちらは1994年創立とまだまだ若い大学ですが、日本人15名ほどを含む、約40カ国から集まった500名余りの学生が日々切磋琢磨しています。

旧市街地にたたずむレンガ造りの校舎は、2001年に増改築が完了しました。実はこの建物は、13世紀に建設された聖カタリーナ修道院跡。17世紀にパン屋からの出火が原因で火事に遭い、ほとんどが消失してしまいましたが、残った部分はそれ以降も孤児院、学校、刑務所として使われていました。ちなみに、大学になる前は老人ホームだったそうです。

修道院であったことがわかる回廊修道院であったことがわかる回廊

13世紀と21世紀の建築スタイルが融合する大学の重い扉を開けると、そこにはレンガ造りの廊下がのびていて、一目でそこが修道院であったことが分かります。私は毎度この廊下を通るたび「こんなすてきな場所で音楽を学べるなんて!」と、憧れの気持ちに。

大学内の室内音楽ホール大学内の室内音楽ホール

さて、今回訪れたのは漆黒のグランドピアノが2台置かれた室内音楽ホール。HMTと学生たちによる、2人で1台ないしは2台のピアノを演奏する「ピアノ・デュオ」のミニコンサートが開かれました。そこに登場したのは、蓮野まゆこさんとゆいさん姉妹。「DuoHasuno」としても活動しているお二人ですが、さらに研鑽を積むために2018年9月からロストックのHMTに留学中なのです。

2人が演奏するのは、フランツ・リスト作曲の「悲愴協奏曲」。本来はピアノとオーケストラのために作曲されたものですが、リスト自身がピアノ2台のために編曲したものです。20本の指で奏でられる美しい旋律が絡み合い、4本の腕が同時にピアノに落とされたときの和音の厚みと迫力には、終始圧倒されっぱなし。演奏後には観客からの盛大な拍手と、教授からの賞賛が贈られていました。

蓮野ゆいさん(左)・まゆこさん(右)蓮野ゆいさん(左)・まゆこさん(右)

このミニコンサートが終わってほっと一息ついたのもつかの間、蓮野姉妹はリサイタルや6月に大学の卒業試験を控えており、日々を忙しく過ごしていらっしゃいます。夜遅くまで毎日練習を続ける彼女たちにとって、ロストックの港やバルト海の景色が心のよりどころだそうです。きっと近い将来、まゆこさんとゆいさんが日本のピアノ・デュオに新しい風を吹かせてくれることでしょう。

HMTでは年間300公演以上の学生や教師によるコンサートが開かれていますが、ドイツ各都市の音楽大学でも同様のイベントがあります。世界各国からの優秀な音楽家の卵の演奏を聴くチャンスです。HMTで活躍する日本人はまだまだいらっしゃいますので、その話はまた今度にでも。

DUO HASUNO:www.facebook.com/duohasuno

ハス エリコ
ロストック在住。ドイツ北東地方の案内人、そしてシュヴェリーン城公認ガイド。ツイッターで観光、街、大好きなビールについて、ほぼ毎日つぶやいています。
Twitter: @rostock_jp
griffin-guides.com
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
16 Okt 2020 1132号
特集:ドイツにまつわる
20の疑問
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作