instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
So. 17. Nov. 2019

65. ゴッホ④:アルル-夜のカフェテラス

午後のカフェテラス(アルル)
午後のカフェテラス(アルル)

ゴッホのアルルでの代表作品と言えば、真っ先に「ひまわり」と「夜のカフェテラス」が浮かびます。その「夜のカフェテラス」を描いたフォーラム広場へと向かいました。城壁を抜けしばらく行くと、古代闘技場が堂々とした姿で見えてきます。この先にもローマ時代に建てられた古代劇場の遺跡など観光名所がありますが、ゴッホはこれらの名所にはまったく興味を示さず、1枚も描いていません。それはほかの画家たちも観光名所を描いていないのと同様で、「売り物の絵」的な出来栄えを避けるためだったのでしょう。

さて、フォーラム広場を挟んで「夜のカフェテラス」(現在この店は「カフェ・ファン・ゴッホ」と改名)の向かいに立つホテルに到着。チェックインをしていると、ホテルの女性従業員がバタバタと帰って来て、「今さっき、カフェ・ファン・ゴッホで置き引きがあって!」と半ば興奮気味に話しています。私にも「あそこへは行かないようにね!」と言い、「No~Gogh!」と念を押されました。いやはや、ゴッホの足跡を訪ねてアルルまで来ているのに、いきなり「No~Gogh!」です。

気を取り直して、そのカフェを眺めに出かけました。この建物の壁はもともと黄色一色だったと思うのですが、下半分はゴッホが描いた「夜のカフェテラス」にそっくりの色になっていました。彼はこの絵を夜に描いていたので、ランタンの光や影を反映させた色使いをしているのですが、現在のカフェの壁は黄色地に緑やオレンジなど、絵のタッチを真似て塗り上げられています。

彼がアルルで描きたかったテーマの1つに、夜の風景がありました。尊敬していたミレーの「星の夜」からの影響かと思われますが、この「夜のカフェテラス」と同じ9月に描いた「ローヌ川の星月夜」は、明らかにミレーを意識して描いたのでしょう。ゴッホは黒色を使わないで夜の表現をしようと試みていますが、屋外で描くのを基本にしていたため、麦藁帽にロウソクを立てて描いていたとも言われています。

このエピソードはあくまでも噂ですが、汚い格好をした赤毛の男がそのような奇妙な行動を取っていたのですから、さぞかし地元の人たちは怪しんだことでしょう。事実、あちこちで誤解されたり、からかわれたりして問題を起こしています。しかしそんなゴッホにも、絵描きとしての才能を認める理解者たちもいたようです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小貫 恒夫

小貫 恒夫 Tsuneo Onuki

1950年大阪生まれ、武蔵野美術大学舞台美術専攻。在学中より舞台美術および舞台監督としてオペラやバレエの公演に多数参加。85年より博報堂ドイツにクリエイティブ・ディレクターとして勤務。各種大規模イベント、展示会のデザインおよび総合プロデュースを手掛ける傍ら、欧州各地で風景画を制作。その他、講演、執筆などの活動も行っている。
www.atelier-onuki.com
Japan Airlines
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター" バナー 習い事&スクールガイド バナー ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心

ロンドンのゲストハウス