Jal2024Feb

おすすめの本&音楽

この記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があります。
あっぱれ技術大国ドイツ あっぱれ技術大国ドイツ
熊谷 徹(著)
新潮文庫

ISBN: 978-4-10-132233-9

ドイツは、日本と並ぶ物づくり大国として世界中で知られています。アウトバーン上を時速200キロで走っても安定している自動車、ゾーリンゲンの切れ味の良いナイフ、ドリルなどの電動工具は代表選手として有名ですね。「メイド・イン・ジャーマニー」と言えば、多くの人が憧れを抱いた時代もありました。

しかし、この国の物づくり文化には、まだまだ知られていない面がたくさんあります。たとえばドイツの中規模企業の中には、世間では無名なのに、特定の製品について世界のマーケットシェアの70%から80%を支配している会社がたくさんあることをご存知ですか? ドイツ南西部のあるミニ企業が、世界中の有名な歌劇場のオペラ・カーテンの大半を作っていることを知っていましたか? しかもこれらの中規模企業は、ドイツ経済の中で大きな役割を果たしているのです。

2011年に、日独両国は修交関係の樹立から150年を迎えます。これを記念して、ドイツに20年間住んでいるジャーナリストで、本誌に「独断時評」を連載している熊谷 徹さんが、ドイツの経済や産業についてわかりやすく解説した本を出版します。この本は『あっぱれ技術大国ドイツ』という題名で、日本では2010年12月25日に発売されます(ドイツでは2011年1月前半の配本予定です)。

ドイツには日本と同じく、凝り性の職人さん、細部にこだわる技術者がたくさんいますが、その背景はどこにあるのでしょうか? なぜドイツは物づくりに強いのでしょうか?バーデン=ヴュルテンベルク州に世界的に有名なメーカーが集中しているのはなぜ? 人件費が高いこの国で、将来も変わらず物づくりを続けていけるのでしょうか? この本は、そうした疑問に答えようとするものです。

またこの本は物づくりだけではなく、ドイツの歴史や国民性をも探求します。さらに、熊谷さんが描いた楽しいイラストもどっさり掲載されています。特にドイツにお住まいの皆様には、この国を理解する上で参考になるのではないかと思います。


過去のおすすめリスト

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作