JAL
Mi. 01. Dez. 2021

旅ールのすすめ - ビールに会いに旅に出よう

山片 重嘉コウゴ アヤコ 1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた“旅ール(タビール)をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』(ワイン王国)、『ビールの図鑑』(マイナビ)、『Coralway』(日本トランスオーシャン機内誌)など、さまざまなメディアで執筆。
www.jbja.jp/archives/author/kogo

春だけのお楽しみ! 5月ビールがやって来た

日に日に緑の輝きが増す5月。この季節に期間限定で店頭に並ぶビールが「マイボック」だ。前の年の秋に収穫された麦芽で醸造され、冬の熟成期間を経て春に味わいを増すことから、ドイツでは春の訪れを告げるビールとして親しまれている。「マイ」(Mai )はドイツ語で「5月」のこと。「ボック」(bock)とは、麦芽の風味が豊かでアルコール度数のやや高いビールを指し、ビール醸造が盛んに行われていたニーダーザクセン州アインベックの名に由来する。古くからアインベックでは市民の家でビール醸造が行われており、共用の醸造釜が荷車に乗せられ家から家を巡回していた。醸造釜を使用する順番は、春祭りの日でもある5月1日に公開抽選で決められたことから、マイボックと呼ばれるようになったとも。

「Flensburger Frühlingsbock」も春(Frühling)にふさわしいマイボックだ。スイングキャップを開けるポンッという軽快な音と共に、牧草のような清々しいホップの香りが溢れ出す。春とはいえどまだ冷え込む晩にちょうどいい、高めのアルコール感と麦芽の甘み。同醸造所のビールには、仕込み水に深さ240メートルからくみ出されたフレンスブルク氷河由来の地下水が使用されており、すっきりとキレのある味わいが特徴だ。

醸造所のあるフレンスブルクは、ドイツ北部のバルト海沿岸の港町。デンマークとの国境近くに位置し、約400年にわたりデンマーク王家に領有されていた歴史を持つ。旧市街を歩けば、北欧の影響を感じさせる貿易倉庫や教会を目にすることができる。16世紀まではバルト海領域における重要な貿易港であり、18世紀にはカリブ海諸国から地中海諸国へのラム酒貿易の中心地となり、「ラム酒の街」とも呼ばれていた。

そんなラム酒の街であるフレンスブルクだが、ビールも一流。北の港町のビールをポンッと開栓して、陽気に春を過ごしたい。

www.flens.de

vol.53
Flensburger Frühlingsbock

Flensburger Frühlingsbock

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作