Jal2024Feb

NSU事件のチェーペ被告 ついに黙秘を破る

(デュッセルドルフ 10月6日)10件の殺人事件への関与を問われている極右過激派グループNSUのベアーテ・チェーペ被告が、公判開始以来312日間続けていた黙秘を破って裁判で発言した。ミュンヘン地方裁判所のA101法廷でチェーペ被告は、「過去の間違った行ないを悔い、愛国主義的考えとは距離を置きたい」と発言。

また、外国系市民連続殺害事件の実行犯で、チェーペ被告と行動をともにしていたウーヴェ・ムントロースとウーヴェ・ベーンハルト(犯行発覚直後にともに死亡)の犯行を非難、「かつての私は愛国主義に自分のアイデンティティーを見出していたが、今の私はもはやその考えに親近感を持っておらず、人をその出自や政治的信条で判断せず、その振る舞いで判断する」などと述べた。

チェーペ被告が愛国主義からの転向と犠牲者への謝罪を口にしたことは予想外の展開だったが、同被告は一貫して一連の事件との関与を否定しており、殺人事件の計画や犠牲者がどのように選ばれたのかも知らず、その他の協力者についても知らなかったと主張している。また、裁判所が提示している事件に関する質問事項に対しても回答を拒むなど、事件解明への貢献を一切拒否している。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択