ジャパンダイジェスト

ドイツの市民75%が「既成政党と有権者の間に溝を感じる」

(11月18日)米大統領選でドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏を破って勝利したが、ドイツでも既成政党や政治家への不信が高まっていることが明らかになった。エムニート研究所が実施したアンケート調査によると、ドイツ人の4人に3人が「既成の政党や政治家は有権者から遠ざかっている」と感じている。

この数字は、50歳以上の年齢層ではさらに顕著で5人に4人がそのように回答している。一方、29歳以下の年齢層ではこの割合は57%だった。また、約半数に当たる45%のドイツ人が「トランプ氏が選ばれたことに不安を感じる」と答えており、これの内訳は女性が64%、男性が39%だった。さらに5人中3人は、トランプ大統領によって独米関係が悪化すると考えており、良くなると考えている人はわずか3%だった。

ショイブレ財相(CDU)は「扇動的なポピュリズムは、米国だけの問題ではない」として、欧州でもポピュリズムが活気づくことへの危惧を表明している。一方、右派ポピュリスト政党ドイツのための選択肢(AfD)のペトリー共同代表は、「トランプ氏の勝利は既成政党の脆弱化を意味する」として、これを歓迎する態度を表明している。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択