instagram Facebookツイッター
JAL
Di. 01. Dez. 2020

ドイツ気象局「自宅に留まるように」 道路凍結で北西部に

(デュッセルドルフ 1月7日)北部では、アイスバーンのため事故が頻発し、南部ではこの冬一番の寒さを記録している7日。特に北部、北西部では事故が頻発し、ドイツ気象局が注意を呼びかけている。

警報が出たのは、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州、ハンブルク、ニーダーザクセン州北西、ブレーメン。凍結した道路や歩道で事故が頻発していることを受け、「自宅に留まるように」との注意喚起が出た(14時まで)。

一方、バイエルン州やバーデン=ヴュルテンベルク州など、南部は寒気に覆われており、最低気温マイナス26度を記録している地域が2か所あるなど、山間を中心にマイナス20度まで気温が下がると予報。

最新情報は下記のウェブサイトをご確認ください。
ドイツ気象局:www.dwd.de
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
20 Nov 2020 1134号
特集:動物と幸せに
暮らすヒントを探る
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択