instagram Facebookツイッター
JAL
Di. 20. Okt. 2020

デュッセルドルフ中央駅、無差別襲撃事件 斧で凶行5人が重傷

(デュッセルドルフ 3月10日)デュッセルドルフ中央駅で、9日夜20時50分頃、無差別襲撃事件が発生した。7人が負傷うち5人が重症。警察に拘束された容疑者は36歳の旧ユーゴスラヴィア出身でヴッパータール在住、精神的な問題を抱えていた可能性が高い。

ドイツで最も日本企業の進出数の多いデュッセルドルフ市、警察によると、被害者のうち重傷を負う1人は頭蓋骨が陥没。ライニッシェポストの報道によると、13歳の少女も被害にあった。

容疑者はデュッセルドルフ中央駅13/14番線ホームでの犯行直後、駅から逃走し、高架下に飛び降りてエラー通りに着地。その際に負傷し、現在は警察の監視下で治療を受けている。

事件直後、警察は二人目の容疑者が存在する可能性も含め、捜査を続け、同駅の構内で不審人物への捜査が行われたが、これまでに有力な情報は出ていない。単独犯だった可能性が高い。

目撃情報についての報道
メットマン方面の近郊列車(Sバーン)に乗車しようとしていた女性によると、13歳の少女が上腕部を負傷していた。

ラーティンゲン在住シュネーベルガー氏(30)によると、9日夜20時50分頃、彼は彼のパートナーと4人の子供と一緒に10番線でケルン行きの電車S6を待っていた。向かいの13番線にメットマン行きの電車S28が到着。容疑者がホームに降り、斧を振りかざす現場を目撃した。人々が叫ぶ声が響き、複数の手荷物が飛び散り、容疑者が13番線から線路を越えて10番線にやってきた際には、子供達をエレベーターに乗せ、先に逃した。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時事通信ニュース

最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
16 Okt 2020 1132号
特集:ドイツにまつわる
20の疑問
ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー 習い事&スクールガイド

デザイン制作
ウェブ制作

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択