instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
Di. 21. Mai. 2019

コメディアンは「信号機」になれるか?

Eメール 印刷

エムデン市では名誉市民であるコメディアンのオットー・ヴァールケスを題材にしたものを市の歩行者信号機で使用しようという動きがある。ドイツではベルリンの「アンペルマン」をはじめ、ほかでは見られない歩行者信号機が各地で生まれている。オットーが発案した象のキャラクターが候補に上がっているが、現在人間のシンボルだけが法律的に許可され、動物の紋章は許可されていない。またオットーの代表的なポーズをかたどった人間のマークが候補に。果たして実現できるだろうか?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター バナー 習い事&スクールガイド バナー ロンドンのゲストハウス

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択