instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
So. 17. Nov. 2019

エコ意識の高いはずの若者世代に大きな矛盾? - 使い捨て包装商品の購入率、年齢層でギャップあり

若い世代は環境問題に関心があることを評価されているが、最近のForsaの調査では、ほかの年齢層よりも頻繁に使い捨て包装を消費していることが明らかになった。

20〜 29歳の約71%、14〜19歳の68%が月に1回以上使い捨て包装の商品を購入。特に食べ物や飲み物の場合に顕著で、すっかり生活スタイルの一部となっている。

一方、60歳以上の消費者の86%が使い捨て包装の食品を購入しないか、ほとんど購入しないと回答。さらに、男性は女性よりも消費量が多いことが分かった。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines
ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター" 習い事&スクールガイド バナー バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

ロンドンのゲストハウス