instagram Facebookツイッター
JAL
Di. 11. Aug. 2020

私たちは今、恐竜以来の「絶滅ラッシュ」を迎えている - ドイツの野鳥は80年代から34%減少

現在、恐竜の絶滅以来最大の生物の種の危機を迎えている。3月3日の世界野生生物の日に合わせ、WWFドイチュラントが発表した。

今後数十年で数百万種が絶滅する可能性があるという。自然保護団体NABU代表のクリューガー氏は「自然災害ではなく、人間が原因だ」と述べ、ドイツの効率重視の農業が空気、水質、土壌などを汚染していると指摘。

NABUによると、ドイツでは特にネズミイルカとミドリカナヘビが絶滅の危機に瀕しており、野鳥は1980年代から34%も減少している。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
7 Aug 2020 1127号
特集:広島・長崎
原爆投下から75年
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド

デザイン制作
ウェブ制作