Fujitsu 202406

未来のビールはエコフレンドリー - 生産過程のCO2削減技術をドイツの大学が開発中

実はビールの醸造所では、アルコール発酵中に二酸化炭素(CO2)が発生するだけでなく、ボトル洗浄などでも大量のCO2を排出している。

このCO2排出量を大幅に抑える革新的な技術が、現在バイロイト大学の研究チームによって開発中。これにより、ビールの生産過程で発生するCO2を回収して再利用するシステムが、より低コストで導入可能になるという。

環境に優しいだけでなく、従来のコスト削減にもつながるため、中小規模のビール醸造所でも同システムの利用が期待される。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作