instagram Facebookツイッター
ジャパンダイジェスト
Mo. 06. Jul. 2020

コロナ禍で「地産地消」がブームに!? - ドイツで地元の農産物を買う人が30%増

新型コロナウイルスの感染拡大により、多国間にまたがる生産や流通が大きな打撃を受け、グローバルサプライチェーンは脆弱性を露呈している。その一方で、地域農産物をインターネット経由で販売するECサイト「Marktschwärmer」によると、地元で収穫される農産物を購入する人が30%も増えているという。

その理由として、消費者がより新鮮な農産物を購入できることはもちろん、地域や地元生産者のサポートを目的とした購入者も多い。これによって生産者側の意識や関心も高まり、3月以降、同サイトに登録する農家や酪農農家が約200も増加した。

規制が緩和されて以降は、同サイトの成長率はわずかに減少したというが、それでも6月の注文数は昨年の同時期と比べて2倍にも上るという。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Juli 2020 1125号
特集:サイクリング生活のすすめ
日本メディカルセンター ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 バナー