instagram Facebookツイッター
JAL
Mi. 12. Aug. 2020

コロナ禍で失業するかも? 会社員の55%が懸念 - 時短勤務のドイツ人は約730万人

コロナ禍による経済的影響は計り知れず、多くの仕事が危険にさらされている。ランスタッド・ワークバロメーターによると、ドイツの会社員の55%がコロナ禍によって自身の仕事に悪い影響を与えていると考えている。

特に高級料理店やホテル業界、自動車業界は失業することを恐れている人も多い。実際にドイツでは、5月時点でフルタイムではなく短時間勤務にせざるを得なかった人が約730万人もいた。ランスタッドのカーレンバーグ氏によると、この危機からの脱出方法を迅速に見つけるためには、将来に見合った柔軟な組織編成を行うことが、企業と被雇用者にとってより一層重要になるという。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
7 Aug 2020 1127号
特集:広島・長崎
原爆投下から75年
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド

デザイン制作
ウェブ制作