Jal2024Feb

コロナ禍でもドイツのクリスマスマーケットは譲れない! - 各都市ごとに工夫して開催準備

ドイツの冬の風物詩といえばクリスマスマーケットだが、今年は新型コロナウイルスの影響を鑑みて、開催都市によって異なるアイデアをひねり出している。

バイエルン州では、徐々にクリスマスマーケットに向けた準備を開始。ニュルンベルクでは、マーケットの混雑を解消するために一方通行にすることを検討中だという。マインツでは入場制限を導入して距離を保てるようにし、デュッセルドルフでは衛生規則を考慮した上で開催する予定だ。

クリスマスシーズンは、各都市にとって1年で最も経済効果が高い時期。国外からの観光客も多く、ホテルや飲食店の年間売り上げの大部分が、クリスマス時期のものだという。また、クリスマスマーケットはドイツの人々にとっても重要なイベントであり、ザクセン州のある調査では、コロナ禍にもかかわらず57%の市民がマーケットを訪れたいと回答していた。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作