Fujitsu 202406

ドイツが直面するお安くない脱原発のコスト - 企業に対する賠償額は数億ユーロ以上に

2011年の福島第一原発事故を受けて、2022年までに段階的に脱原発をすることを表明したドイツ連邦政府。

段階的な脱原発によって、原子力発電所を送電網から外さなければならなくなった電力会社などは、本来得られるはずだった利益に対する補償のほか、これまでの投資に対する賠償を得ることを見込んでいる。

企業に対する賠償額は数億ユーロ以上に上ることを予想されているが、実際にどの程度発電できなかったのかを精査するため、最終的な賠償額が決定されるのは2023年以降とみられる。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作