Fujitsu 202406

コロナ太りは万国共通!? ドイツでは平均5.5キロ増量 - ストレスで食べる量やアルコール摂取量が増加

INSA-Consulere研究所が行った調査によると、ベルリン市とブランデンブルク州の市民の43%がコロナ禍の間に太り、平均して5.5キロも体重が増加したという。

回答者の大半(55%)はロックダウンにより運動量が減少。そしてコロナ禍以前に比べて、食生活が悪化しているという人が20%だった。ベルリンの管理栄養士ジェシカ・シューゲンプフルグ氏によると、多くの人が心理的ストレスを抱えているため、食事量やアルコール摂取量の増加も問題視されている。

栄養バランスを考えて食べることはもちろんだが、食事の量も重要だ。肉や魚を食す時のポイントとしては、自分の手のひらよりも小さいサイズを食べるようにすること。そのサイズを超えると、体重増加につながり、健康への悪影響を伴うという。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作