JAL
Di. 07. Dez. 2021

音楽の国ドイツでも女性はオーケストラのトップになれない? - 職業的な偏見や家庭との両立がハードルに

ボンに拠点を置くドイツ音楽情報センター(miz)が独自に調査したところによると、ドイツのオーケストラはいまだに男性の演奏者が多く、女性でオーケストラのトップの地位に就いている人は少ないという。

ただここ数十年、女性演奏者の正規団員は着実に増えており、オーケストラにまつわる調査「Am Pult der Zeit!?」によると、ドイツの公的資金で運営されている129のオーケストラの団員は、10人のうち平均4人が女性。しかし、コンサートマスターやソリストなど、演奏家としての地位が高くなるほど女性音楽家の割合は低下し、28.4%しかいない。

ザールブリュッケン州立管弦楽団の女性代表クリスティーネ・クリスティアヌス氏によると、いわゆる「プロの音楽家」とは伝統的に男性の職業であり、40年前には女性音楽家は例外的な存在だったという。そのため1982年にヴァイオリニストのマデレーヌ・カルッツォ氏が女性として初めてベルリン・フィルハーモニーに入団した時には、一大センセーションを巻き起こした。

クリスティアヌス氏はさらに、プロの女性演奏家が少ない理由について、キャリアと家庭を両立させることが難しいためであるとも指摘。事実、女性のオーケストラ演奏者で子どもがいる人の3分の2は、パートタイムで働いているという。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作