JFC
Sa. 04. Dez. 2021

コロナ禍がドイツの車社会に与える影響は? - 自動車での移動頻度が3分の1減

意見調査機関のforsaがドライバーを対象に行った調査によると、回答者の36%が、コロナ禍以前に比べて自動車で移動する頻度が減ったという。また45%が、バスや電車を利用する機会が減少。しかし回答者の58%は、コロナ禍が終了次第、もとの移動手段に戻るだろうと予想している。

また年初から二酸化炭素税の増税によって、ガソリンや軽油が大幅に値上がりしているが、多くのドライバーがまだこの政策に共感できていないことが判明。調査対象者の約3分の2(63%)が、「値上げは運転者への負担になる」と回答している。一方で、環境への配慮については、3分の2がハイブリッド車は環境への負担が低いと考えており、約23%が次の車を買う際にはハイブリッド車の購入を検討中だという。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作