JAL
Sa. 04. Dez. 2021

ドイツではキラキラネームよりもシンプルな名前が人気! - 2020年に最も人気だったファーストネームは?

ドイツ語学会(GfdS)は、2020年に最も多かったファーストネームを発表。それによると、女の子では「エミリア」、「ハンナ」、「エマ」で、男の子では「ノア」、「レオン」、「パウル」の人気が高かった。綴りが4パターンある「マテオ」(Mat(h)eo/Matt(h)eo )は、昨年の順位13位から4位へと9ランクアップ。このような飛躍は、近年では珍しいことだという。

ドイツ人の名付けの傾向としては、ファーストネームには日常的に使いやすいもの、ミドルネームには伝統的なものを名付けることが多いという。また時代の変化とともに、名前のもともとの意味や由来よりも、音韻を重視する傾向がみられる。これは、2014年にアレスバッハ社によって行われた保護者へのアンケート調査でも確認されており、男の子の名前よりも女の子の名前の方が、その傾向が強いという。

さらに、地域によって名前のトレンドに差があることも判明。例えば男の子の名前の場合は、旧東ドイツ地域では「マテオ」や「テオ」のように「-o」で終わるイタリア的なパターンの名前がランクイン。一方で、バイエルン州では他の州と違う名前が好まれており、1位は「ルーカス」。4位には「マクシミリアン」、5位には「ヤコブ」がランクインするなど、地域差がかなり大きいこともわかった。

ちなみにドイツには、厳しい命名ルールがあるのをご存じだろうか? ドイツ人の名前や由来をはじめ、最新のお名前トレンドなどを解説する、こちらのアーカイブ記事もぜひチェックしてみて。
http://www.newsdigest.de/newsde/features/10731-vorname-nachname-1/
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作