JFC
Di. 07. Dez. 2021

お金で悩む人の3割が「一人暮らし男性」 - ドイツ連邦統計局の調査で明らかに

ドイツ連邦統計局によると、2020年にドイツで債務者・倒産相談センターを利用した人のうち、一人暮らしの男性は3割(29.9%)と、ほかの属性と比べて多いことが分かった。

また、世帯や家族の状況によって大きな違いがあり、13.8%がシングルマザーであったことも判明した。さらに、独身で借金に悩む男性の5人に1人(20%)、女性のほぼ3人に1人(29%)は離婚経験者だという。相談センターの相談者数の男女比はほぼ同じで、女性27万3000人(46.4%)、男性31万5000人(53.6%)となっていた。

過剰債務者を年齢別に見ると、25~44歳が特に多くなっている。この年齢層は総人口の30.2%に過ぎないのにもかかわらず、相談センターの顧客の半数以上(51.6%)を占めた。一方、65歳以上の高齢者は、総人口の4分の1(25.1%)だが、相談センターのサービスを受けた人はわずか7.5%しかいなかった。その理由として、特にこの年齢層では、借金を支払えないことがタブー視されている可能性もあるという。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作