JFC
Sa. 04. Dez. 2021

ドイツ人の68%が「寝付きが良い」 - 一方で、コロナ禍による睡眠の質の低下も

ドイツ食品協会の調査によると、ドイツ人の約2人に1人(53%)が7〜8時間の睡眠を取っており、55%はこの睡眠時間は適切だと感じていることが分かった。寝付きが悪いと答えた人は15%しかおらず、2人に1人(53%)は、すぐに、あるいは数分後には寝付くことができると答えた。

全体的に見ると、睡眠の質を「良い」あるいは「どちらかというと良い」と評価しているのは、女性も男性も68%だった。しかし、約40%の人は睡眠時間が短すぎて、十分な休息がとれていないと回答。また、5人に1人がコロナ禍の影響で睡眠時間が短くなったという。

一方、フランスの企業ウィジングズが睡眠について14カ国を調査したデータによると、2020年の平均睡眠時間は調査対象国の中で日本が最も短く、6時間22分19秒だったという。ちなみに睡眠時間の長さトップはベルギーで、次に英国、フランスと続いた。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作