JFC
Sa. 04. Dez. 2021

10年でドイツの抗うつ剤の処方数が急激に増加 - コロナ禍でさらに増えるうつ病患者

ドイツでは2010年以降、抗うつ剤や鎮痛剤の処方数が急激に増加している。2010年には11億7400万日分の抗うつ薬が処方されたが、2019年には16億900万日分と、4億3500万日分も増加した。ノイエ・オスナブリュッカー・ツァイトゥング紙が報じた。

また抗不安作用があるオピオイド系の鎮痛剤の増加も顕著だった。処方量は2010年の3億8700万日分から2019年には4億3900万日分に増加している。それとともに、統合失調症や躁状態の治療に用いられる「抗精神病薬」も大幅に増加したという。

左翼党のザビーネ・ツィンマーマン議員は、病気の背景には仕事上のストレスがあることが多く、そのためにはより一層の予防が必要であると警告した。また健康保険会社DAKは、コロナ禍でうつ病や精神疾患のある人の数が急増したと報告。ロックダウンがわれわれにもたらす影響はまだ未知数だ。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作