JFC
Sa. 04. Dez. 2021

なぜコロナワクチンを打ちたくないのか? - ドイツのワクチン懐疑派を5つのグループに分類

第2ドイツテレビZDFによると、ドイツでは新型コロナウイルスワクチンの数が十分に確保されているものの、接種率は現在急速に低下している。これは主にコロナワクチンに対する懐疑論によるもので、予防接種の安全性と有効性に疑問を投げかける人が多いためだ。

エアフルト大学、ロベルト・コッホ研究所、健康教育連邦中央機関の共同調査によると、ワクチン懐疑派は、次の五つのグループに分けられる。

グループ①:ワクチンに本当に予防効果があるか疑問に思っている人々。過去に健康上の決断をする際に、最善のアドバイスを受けられなかったという人は、ワクチン接種の決断をためらう傾向にあるという。

グループ②:コロナ感染症のリスクを過小評価している人々。

グループ③:ストレスや時間が確保できないなど、ワクチン接種を妨げられている人々。このグループに対しては情報ではなく、予防接種を受けられるような環境を整えていくことが重要だという。

グループ④:ワクチンを接種するメリットとリスクを慎重に検討する人々。このグループは、インターネット上で流れている誤った情報に影響を受けやすいという。

グループ⑤:自分がワクチンを接種することで、間接的に他人を守ろうとする意識が低い人々。

同調査では、約10%の人が「絶対に接種しない」と答えている。しかし、このグループの中にも、薬局で接種可能であれば受けるという人もいるため、接種率を上げるためには障壁を取り払うことも課題になっている。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
3 Dez. 2021 1159号
特集:フォトコンテスト
2021受賞者発表!!
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作