JAL
Fr. 21. Jan. 2022

ドイツの肉・乳製品に「動物福祉税率」が導入? - 動物愛護と飼育環境改善のために

昨今、消費者は食料品を購入する際、味以外にも栄養や生産条件という点にも注目する傾向が強い。例えば家畜の飼育環境もその一つだ。

昨年、農務省の専門家委員会は飼育環境改善のための「動物福祉税率」を提案した。これは、例えば肉やソーセージは1キロ当たり40セント、牛乳や生乳製品は1キロ当たり2セント、チーズやバターは1キロ当たり15セントなどが課税され、消費税として徴収するというもの。

肉を減らした植物中心のサステナブルな食生活を推進すべきという観点でも、関心を向けられているという。ユリア・クレックナー連邦食料・農業大臣は、このような計画を支持しているが、具体的な実施は、連邦議会選挙後の新政府の問題となる。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作