JAL
Sa. 25. Jun. 2022

ロンリープラネットが選ぶドイツで絶対に訪れるべき場所 - 3位はエルプフィル、2位はボーデン湖、1位は?

ザクセン州最大の都市・ライプツィヒが、旅行ガイドブック・ロンリープラネットの新刊で紹介された「ドイツ・トップ250リスト」で1位を獲得した。2位にはボーデン湖、3位にはハンブルクのエルプフィルハーモニーがランクインしている。

ライプツィヒは多面的で活気に満ちている地として、特にミレニアル世代の間で注目されている。ベルリンよりもクールで、ミュンヘンより人気が上がっているという。

ライプツィヒはゲーテの作品『ファウスト』の舞台となったアウアーバッハス・ケラーがあるなど、歴史的な名所があることはもちろん、東西ドイツ再統一のきっかけとなった「月曜デモ」が行われた街でもある。また、世界最大のゴシック文化の祭典「ウェーブ・ゴシック・フェスティバル」なども有名で、旧紡績工場を利用したアートセンター「シュピネライ」を中心に近年クリエイティブシーンをリードしている。

ライプツィヒは、ベルリン、ハンブルグ、ミュンヘン、ケルンの4大都市、フランクフルト、シュトゥットガルト、デュッセルドルフに次いで、ドイツで8番目に大きな都市。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
17 Juni 2022 1172号
特集:この夏は
ドイツの海へ出かけよう
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作