JAL
Sa. 25. Jun. 2022

暴力により殺害される女性、ドイツでは3日に1人- 2020年は暴力報告件数が4.9%増加

2020年の1年間に報告された夫婦や元パートナー間での暴力行為の件数は、14万6655件と例年よりも4.9%増加したことが分かった。さらに女性139名、男性30名が、現在または過去のパートナーに殺害されたという。警察に通報したケースでは61.6%が意図的な犯行で、具体的には身体的暴力、レイプ、強制売春、殺人、過失致死などがある。

連邦刑事警察局(BKA)の報告によると、男性による犯行が圧倒的に多いものの、女性の割合は20.9%と増加傾向がみられる。暴力行為を行う原因は、離婚、仕事上のストレス、子育ての悩みなどさまざま。一般的に夫婦関係での暴力の要因としては、家父長制的な価値観や子ども時代の暴力体験が挙げられるという。

このデータは2020年に調査が終了した際のものだが、犯行自体はもっと前から行われていた可能性がある。そのためコロナ禍の外出制限によって夫婦関係や元パートナー間の暴力が大幅に増加したかどうかは、統計からは容易に推測できないという。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
17 Juni 2022 1172号
特集:この夏は
ドイツの海へ出かけよう
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作