JAL
Mo. 17. Jan. 2022

ドイツ人のほぼ50%がクリスマスプレゼント費の削減を検討 - 電気代やガソリン代の値上げが理由

コロナ第4波が押し寄せるなか、マーケティングリサーチ企業GfKによると、ドイツの消費者はクリスマスプレゼントにかける費用を例年より少なく見積もっていることが分かった。今年の費用は平均325ユーロで、昨年に比べて2%減少。その理由としては、生活費にかかる電気代、ガソリン代、ガス代などの価格高騰が挙げられ、ほぼ半数の人がクリスマス予算を例年よりも低く設定している。

また子どもがいる家庭では、昨年よりもおもちゃへ投資したいと思っているものの、あらゆる分野で供給問題が発生していることから、クリスマスまでに間に合うかどうか不安に思っている傾向が強い。そのため、全体の37%の消費者がプレゼントの購入を前倒ししているという。

昨年と異なる点としては、物だけでなく、思い出をプレゼントすることを検討中の人が増加。イベントチケットを贈りたいと考えている人は昨年は25%だったが、今年は34%まで増えた。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
7 Jan. 2022 1161号
特集:世の中が変わるとき読む本
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作