Fujitsu 202406

消費者をだますワースト1商品を選べ! - 実質25~50%の値上げ

商品の価格は変えずに内容量やサイズを小さくする「シュリンクフレーション」。ハンブルクの消費生活センターは消費者を守るため、シュリンクフレーションされた五つの商品からワースト1を決める投票を毎年開催している。

2021年に候補になったのは、ネスレ社の「キットカット」が同じ値段にもかかわらず5個から4個入りに、クノール社の「クリームソース」が3パックから2パック入りになったなどの事例。これらは、実質25~50%の値上げに相当するという。

1月24日まで消費者によるオンライン投票が開催され、見事2021年のワースト1に選ばれたのはホーマン社のパプリカソースだった。同商品は500ミリリットルから400ミリリットルに内容量が減り、最大88%の大幅値上げとなった。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作