Fujitsu 202406

コロナ禍で子どもの自殺未遂が約400%増加 - 社会とのつながりがうつ病対策に

エッセン大学病院の報告によると、昨年3~5月の間に全国で最大500人の子どもが自殺未遂を起こし、集中治療室で治療を受けたとみられている。コロナ禍以前と比較して、2回目のロックダウン中の自殺未遂者数は約400%も増加。外出制限に伴う社会的孤立は、うつ病や不安障害のある子どもをさらに苦しめたという。

この結果を受けて、同病院の小児集中治療室のドーナ=シュヴァーケ医師は可能な限り対面で学校生活を送ることを推奨。またソーシャルメディア以外の社会とのつながりが、うつ病などの病気対策になるという研究結果も出ている。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作