instagram Facebookツイッター

Oliver Was­ser­mann
Fr. 26. Apr. 2019

マインツで鳥人間コンテスト?!

Eメール 印刷

マインツで鳥人間コンテスト?!翼を持たない人間が、それでも空に憧れ、空を目指す。その結果、飛行機が生まれ、ロケットが開発されたが、それでは満たされない想いを乗せ、自作の人力飛行機で空に挑む人々がいる。日本では琵琶湖で開かれる「鳥人間コンテスト」でお馴染みのこのチャレンジが聖霊降臨祭の月曜日、マインツで開催された。7回目を迎えた「レッドブル・飛行デー」は、30度を超える晴天の下、40組の参加者が集まり、約15万人の観衆に自慢の人力飛行機を披露。パフォーマンス重視の劇団のような参加者あり、機体の奇抜さやユーモアで魅せる団体ありで、会場は笑顔に包まれた。中でも注目を浴びたのは、ヴィースバーデンのグループ„Die Rückkehr der Teichfighter“。69.79メートルを飛んで、レッドブルが主催する「飛行デー」の世界記録を更新した。
© www.flohagena.com/Red Bull

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド バナー バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ロンドンのゲストハウス

ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択