instagram Facebookツイッター
dearfoods
Mi. 05. Aug. 2020

今年の「ドイツ書籍賞」に輝いたのは……

ウルズラ・クレッヒェル世界最大の書籍見本市「フランクフルト・ブックフェア」の開催に先立つ8日夜、当地で毎年恒例の「ドイツ書籍賞」の授賞式が開かれ、ベルリン在住の詩人で作家のウルズラ・クレッヒェルさん(64)の小説『Landgericht(地方裁判所)』に大賞が贈られた。同小説は、亡命ユダヤ人が第2次世界大戦後、故郷ドイツへ帰還し、裁判官として新たな一歩を踏み出すも、周囲の人々からの反発に遭うという物語。審査員らは「連邦共和国創設期の様子を、建築から生活様式、家族形態にいたるまで、詩的で明瞭簡潔に描いた、クールでモダンな作品」と評価している。ほかの競合5作品を抑えて見事大賞を受賞し、賞金2万5000ユーロを手にしたクレッヒェルさんは自著について、「ナチスの犠牲者に対する個人的な補償です」とコメントした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
7 Aug 2020 1127号
特集:広島・長崎
原爆投下から75年
ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 バナー

デザイン制作
ウェブ制作