instagram Facebookツイッター
JAL
Di. 01. Dez. 2020

他野菜を追いやるシュパーゲル

シュパーゲルドイツ人の大好物、シュパーゲル(白アスパラ)の収穫期まで、もう少し。新鮮なシュパーゲルの登場が待ち遠しいが、この野菜への偏愛がドイツの農地事情にちょっとした異変を起こしている。昨年のシュパーゲル作付面積は2万4000ヘクタールで、2位のニンジン(1万100ヘクタール)やタマネギ(9500ヘクタール)を大きく引き離して第1位を記録した。ところが収穫量では、ニンジンやタマネギに首位の座を奪われているのだ。シュパーゲルの生育には比較的温暖な気候と、やわらかく砂状で、十分な石灰を含む土壌が必要とされているが、ドイツには、それを満たす土地が十分にない。そこで農家は固い土に砂を含ませるなどして、シュパーゲル農地を開拓。これにより、ほかの野菜の作付面積が縮小しているという。シュパーゲル好きなドイツ人の執念がなせる業と言えようか……。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
20 Nov 2020 1134号
特集:動物と幸せに
暮らすヒントを探る
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作