instagram Facebookツイッター
mizkan
Fr. 04. Dez. 2020

ケルンの街が「Maggi臭」に包まれた日

Maggi6月11日、大聖堂の街ケルンは朝からただならぬ空気に包まれていた。その原因は、スープ用の粉末だし「Maggi」の“臭い”。その強烈さと言ったら、「食欲をそそられる良い匂いね」などというレベルをはるかに超え、警察への通報電話が鳴り止まず、激しい吐き気に襲われて病院に搬送される人が出るほどの激臭だった。消防が緊急部隊を出動して出元の特定に奔走し、ようやく原因が判明したのは14時頃。近郊の街ノイスにある食品香料製造工場の煙突からモクモクと放出された、“Maggi臭”の元である芳香化合物「ソトロン」が風に乗ってケルンへ届いていたのだった。今回ケルンでは大騒動になったものの、この工場の近隣住民にとっては、異臭は日常茶飯事のこと。市民の間で、生活妨害だとして工場を訴える動きも出ているそうだ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
4 Dez 2020 1135号
特集:「進化するドイツ語」
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作