Hanacell

フェダーヴァイサー用ぶどう、収穫開始!

8月28日、国内で一番最初のワイン用ぶどうが、ワイン生産地域プファルツの畑「Mußbacher Kurfürst」で収穫され、2013年のぶどうの収穫シーズンが公式に幕を開けた。ここで収穫されたぶどうはまず、ワイン街道にあるノイシュタットのワイン共同組合に運ばれ、そこで「フェダーヴァイサー(Federweißer)」が造られるという。フェダーヴァイサーは、ワインになる一歩手前、発酵段階の微炭酸飲料。その繊細な口当たりと、甘みが癖になる秋限定の味だ。スーパーマーケットでは、ドイツよりも収穫時期の早いイタリア産のものがすでに店頭に並んでいる。発酵が進むとガスが発生するため、密封されていない。購入の際は、瓶を横に傾けないよう注意が必要だ。フェダーヴァイサーとツヴィーベルクーヘンで、例年よりも暑い秋に乾杯!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
5 April 2024 1215号
新生活を応援!
2024年版
ドイツ暮らしガイド
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作