JAL
Mi. 19. Jan. 2022

ポニーがスピード違反

ヘッセン州の長閑かな町エップシュタインの国道455号線に新しく設置されたスピードカメラが、早速違反車をキャッチした。この区間の制限速度は50km/h。しかし、時速59キロのスピードオーバーでカメラに捉えられたのは車ではなく、なんとポニー!。「空から疾走するポニーが舞い降りたのでは? なんて憶測も飛び交ったが、そうではなかった。実際は、高速で走り去る車に機械が正しく反応したものの、ちょうどその際にカメラの前を横切ったポニーが写り込んでしまった」とは、エップシュタインの秩序局職員の話。しかしラッキーなことに、ポニーのおかげでこの車の運転手は15ユーロの罰金支払いを免れることができた。というのも、車のナンバープレート部分が、ポニーでまったく見えていなかったからだ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作