JAL
Mi. 19. Jan. 2022

ビオの食品を買いたいけれど……

ドイツにおけるエコ意識は高く、消費者は常々ビオやフェアトレードの食品を買いたいと思っている。“思っている”というのは、実際にはつい特価品に手を伸ばしてしまうからだ。社会エコロジー研究所のズンデラー氏によれば、その原因は懐事情ではなく人々の習慣にあるという。いつも同じスーパーで同じ物を買う。陳列棚の前で考える時間はわずか数秒。買い物におけるこのようなルーティン行動が、ちょっと離れたビオのお店へ出向く意志を削いでしまう。さらに、大好きなチョコレートがフェアトレード商品でないと知っても、それを断つのは至難の業。ズンデラー氏は、消費者の意識改革の必要性と同時に、複雑なビオ認証制度の簡素化を訴えている。それでも一方で、ドイツ人が欧州一の“バーゲンハンター”という揺るぎない事実はあるのだが。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作