JAL
Mi. 19. Jan. 2022

ハンブルクの新たな観光名所計画

ハンブルクで、新たな観光の目玉となる建設事業計画が持ち上がっている。それは、エルベ川河口の両岸を結ぶロープウェーの建設。個人資本による出資(つまり納税者には負担が掛からない)で、再生可能エネルギーを使用した環境にやさしいロープウェーだ。しかし、市民はこの計画に反対。その理由は、以下の3つ。①ロープウェーのケーブルを支える130mもの支柱が景観を損ねる。港湾都市ハンザにとって、港は市民の情感を掻き立てる場所である。②ロープウェーが市民にとって、便利な交通機関として機能しないと考えられる。③押し寄せる観光客によって、ザンクトパウリ桟橋付近が荒廃する可能性がある。市民は、「大都市はイベントマネージャーのためにあるのではない。生活の場なんだ!」と訴えているのだ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作