JAL
Mi. 19. Jan. 2022

同性カップルに朗報?

教会信者に支払い義務がある教会税。未婚の場合は各自で支払う必要があるが、結婚すると1世帯ごとの支払いとなる。パートナー登録をしている同性カップルには、これまで世帯としての支払いが認められていなかったのだが、この度バイエルン州議会は、同性カップルの教会税について、婚姻関係にある夫婦と同等に扱うことを決定した。きっかけは昨年5月の連邦憲法裁判所の決定で、同性カップルと婚姻関係にある夫婦の税制上の不平等が、平等取扱原則に反するとみなされたことによる。州政府は、同性カップルが一緒に確定申告をすることで、教会税を節約できる、もしくは追徴課税を受けるケースもあるだろうと予測。この申告は2001年までさかのぼって行うことができ、還付が受けられるカップルにとっては思い掛けないボーナスとなるかも?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作