JAL
Mi. 19. Jan. 2022

ドイツ各地で反TTIPデモ発生

欧州と米国間で交渉が進められている環大西洋貿易投資連携協定(TTIP)。両国・地域間における貿易投資障壁の撤廃を目指す自由貿易協定だが、これに反対するデモが欧州各地で展開されている。4月18日にはドイツ国内でも抗議デモが行われ、ミュンヘンだけで2万人の参加者が集まった。またベルリンでは、デモ参加者が人間の鎖でポツダム広場とブランデンブルク門を繋いだ。抗議デモは、カナダとの包括的経済貿易協定(CETA)や米国とのサービス貿易協定(TiSA)に対しても行われた。TTIP反対派は、協定によって消費者保護や環境保護などの分野における欧州連合(EU)基準の低下が招かれることを懸念。ドイツ環境自然保護連盟(BUND)は、TTIPが「生活の質を大幅に侵害する」としている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作