JAL
Mi. 19. Jan. 2022

サングラスは目に悪い?

サングラス太陽が照りつける夏、私たちの目は想像以上に紫外線のダメージを受けている。そんなときに目を守るのがサングラス。色やデザイン、UVカット率など様々な種類があるが、正しいレンズを選ばないと逆に目を傷めてしまうという。サングラスの色は濃いほど良く目を保護すると考えがちだが、紫外線保護にレンズの色は関係ない。濃い色のレンズを通すと瞳孔が開くため、UVカット加工されていないサングラスだと、掛けていないときよりも紫外線が目に入りやすくなる。紫外線は、頭痛や目の充血、さらには結膜炎や角膜炎の原因にもなるという。サングラスを購入するときは、デザインだけでなくUVカット率を確認。眉毛が隠れるくらいの十分なレンズの大きさがあり、両サイドから入ってくる紫外線からも目を保護するタイプを選ぶと良い。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
21 Jan. 2022 1162号
特集:ドイツの
注目スタートアップ
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作