instagram Facebookツイッター
ロンドンのゲストハウス
So. 20. Okt. 2019
ドイツのホットな話題をお届け

2016年、ドイツで人気の名前は?

昨年、最も人気があった名前をドイツ語協会(GFDS)が発表した。女の子は1位「Marie」、2位「Sophie」、3位「Sophia」。男の子の1位は「Elias」、2位「Alexander」、3位「Maximilian」。2016年は古風な名前に人気が集まったが、もちろん、珍しい名前を好む親もいる。戸籍役場は昨年から「Fips」「Kuddel」「Twain」などの名前を許可した。一方、「Shaggy」「Urmel」「Ferrari」「Bandito」は却下。ドイツでは、子供の権利を保護するために、戸籍役場で親が希望する名前を却下することがある。却下する際は、多くの場合、言語学者の判断に従っているという。GFDSによると、親にとっては、自分の子どもが特別な存在だからと、ほかにはないような名前を付けたいという願望が芽生えるとも。本人は珍しい名前を気に入っていないことが多いという。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 バナー バナー 日本メディカルセンター 習い事&スクールガイド

ロンドンのゲストハウス