Fujitsu 202406

託児所で深刻な職員不足、急がれる改善策

教育訓練協会(VBE)とヴォルタース・クルーワーが行った託児所の調査によると、託児所には貧しい家庭の子供の割合が増加傾向に。多くの子供たちは朝食を食べていないか、誰も食べたくないようなものを持参する子供もいるという。また託児所の従業員は社会的に労働が適切に評価されていないと感じており、労働条件の具体的な改善が望まれる。特に30歳以下の職員で、単純に子供の世話をしているだけと見下されていると感じている割合が84%だった。世間の認識不足に加えて、職員不足が深刻な問題になっており、現在約70万人の保育士がドイツ全土の保育所で働いているが、2025年までに約30万人の労働者が不足するとみられている。教育者のスキルには地域差があり、州ごとに訓練の違いがあるという問題が浮き彫りになった。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作