Fujitsu 202406

管理の必要性が急増する子供のインターネット環境

子供がスマートフォンやタブレットを使い悪影響を及ぼすような動画や画像、記事を閲覧することが問題視されている。それに伴い、例えばグーグルでは親が閲覧する動画を管理できるアプリ「YouTube Kids」をより詳細に管理できるように改善した。4月末からは音楽、学習トピックなど、さまざまなチャンネルが新たに登場し、閲覧可能なチャンネルは親が予め選択できるようになっている。また、5月末に個人データ保護法「EU一般データ保護規則」が適用されるにあたり、メッセージアプリ「WhatsApp」の利用可能年齢を16歳に引き上げる予定。ほかにも親がタブレットの使用時間を管理できるアプリ「Kidslox」などもあり、需要と共に種類が増えている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作