Facebookツイッター
JAL
Mo. 18. Jun. 2018

深刻になっている家畜の抗生物質耐性菌

Eメール 印刷

欧州議会では、将来的に家畜に抗生物質の投与を頻繁に行わないようにすべきであるという意見で一致した。発表によると、食品に危険な耐性菌を入れないようにすることが大きな目的だという。薬剤耐性菌は抗生物質があまりにも頻繁に投与されているか、薬が適切に使用されていない時に発生するもの。抗生物質にはさまざまな種類があり、主に家畜の成長を促す目的で飼料に入れることがある。しかし、中には動物に使用すべきでない抗生物質もあり、これが世界的に問題になっているという。将来的には家畜が病気を発症し、何かしらの感染リスクが高いと判断した際に、代替の薬がない場合に限って抗生物質で治療するようにしていく方針を固めている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー
習い事&スクールガイド バナー バナー ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス

ドイツ便利帳サーチ!

詳細検索:
都市
カテゴリ選択