instagram Facebookツイッター
TK Techniker
Do. 01. Okt. 2020

「スヌーズ機能」は疲れを増す?

毎朝多くの人が利用している目覚まし時計だが、スマートフォンに搭載されている寝坊防止のためのお知らせ機能「スヌーズ機能」を使っている人も多いのではないだろうか? しかし、睡眠に関して研究している学者の多くが、睡眠を中断し続けるこのスヌーズ機能は疲労回復には役に立たず、むしろ逆効果だと主張。人間は目を覚ますたびにアドレナリンを放出し、興奮状態となる。そのため、スヌーズ機能によって複数回起きることで、身体に負担が生じるという。例えば、スヌーズ機能を10分間隔で使い、30分間繰り返すように設定している場合は、機能を解除し30分遅くアラームを設定する方が1日の疲れを軽減できるという。この機会にぜひ、目覚まし時計の改善について検討をしてみてはいかがだろうか。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
2 Okt 2020 1131号
特集:ベルリン
黄金の20年代
日本メディカルセンター ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション バナー

Japan Woche
デザイン制作
ウェブ制作