instagram Facebookツイッター
mizkan
Fr. 04. Dez. 2020

5歳で小学校に入学する児童が減少

ドイツの報道機関の調査によると、5歳で小学校に入学する児童が減少していることが分かった。今まではより早く教育を受けるべきだという考えが一般的だったが、満6歳になるまで1年間保育施設で過ごし、より安定した状態になってから入学させる親も増えている。教育機関として認識されつつある保育施設も重要な役割を果たしているようだ。ただこの傾向は州によっても違いがあり、ベルリンやザクセン=アンハルト州では2005〜06年には約600人の5歳児が小学校に入学したが、昨年は190人しかいなかった。一方、バイエルン州などでは、明確な変化はない。これは州が定める教育システムとも関係している。例えば低学年のカリキュラムを個人の能力に応じて1〜3年で終了できる州があり、早く通わせても無理は生じないという。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最新のeBook
Neuestes e-Book
第1・3水曜日更新
ドイツ最新ニュースから生活情報まで盛りだくさん!今週のeBook
4 Dez 2020 1135号
特集:「進化するドイツ語」
Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション

グリーティングカード制作
デザイン制作
ウェブ制作