Fujitsu 202406

世界初の「鉱夫」信号機

デュースブルクに新たなデザインの歩行者用信号機が登場した。そのデザインは赤、青信号機の人がランプを手に持ち、ヘルメットを着用している「鉱夫」。ルール地方の鉱業の伝統を象徴しているとし、同市の市長は「私たちのアイデンティティーの一部」として設置を決定した。ほかの地域ではベルリンのアンペルマンをはじめ、さまざまな「人」のデザインがあり、ハーメルン市では市庁舎の信号機に「ハーメルンの笛吹き男」をモチーフにした信号機を設置することを検討しているという。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nippon Express ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 習い事&スクールガイド バナー

デザイン制作
ウェブ制作