instagram Facebookツイッター
Di. 12. Nov. 2019

「私の街のレポーター」が推薦!
ドイツ各地のマーケット

寒い冬も終わり、待ちに待った暖かい季節の到来です。外に出かけたくなるこの時期、マーケットに足を運んでみるのはいかがでしょうか?弊誌にてその地域に根付いた情報を紹介している街のレポーターたちが食材マーケットはもちろんのこと、アンティーク市など、バラエティ豊かなおすすめマーケットをピックアップ。その街を訪れる際には、ぜひ足を運んでみてください。

※日時が変更になる場合もございますので、お出かけの際にはあらかじめご確認ください。

Frankfurtおしゃれ地区で美味しいもの三昧の週末マーケット!

フランクフルト
青空の下、家族連れや友だち同士でフードトラックや出店を回る
フランクフルト
エチオピア料理のベジプレートは、日本人の口にも合う美味しさ
フランクフルト
絶品シナモンロールと、定番チョコロール
フランクフルト
屋内の長テーブルで食事を楽しむ人たち
フランクフルト
自家製パストラミと野菜のバランスが絶妙な作りたてホットサンド

フランクフルトからは、地元で人気のフードマーケット、マーケット・イム・ホフをご紹介します。若手クリエーターのショップやウイスキー専門店、日本酒バーなど、個性的でおしゃれな店が集まるザクセンハウゼン地区のBrückenviertel、ブリユッケンフィアテルに、毎週土曜日、地元人気店のフードトラックや屋台が大集合します。

真っ先に目に飛び込んできたのは、ハンバーガートラック「Bully's Burger」。地元ヘッセン産牛ミンチのパテを始め、地元食材を使ったバーガーが自慢です。その向かいは、フランクフルトの郷土飲料アップルワイン専門店「Apfelwein Kontor」。自家製アップルワインは、爽やかな酸味でどんな料理にも合います。さらに奥に進み、シナモンロールで有名なパン屋「Zeitfür Brot」のスタンドへ。ペロリと食べてしまう危険な美味しさで、定番のシナモンやチョコ、ナッツやケシの実からイチゴなど季節限定パンまでどれも外れなしです。

マーケットは倉庫のような広い建物へと続きます。中央の長椅子とテーブルを囲むように、フランス、エチオピア、韓国、シリアなど多国籍なお店が勢揃い。料理サンプルを見比べて食べたいものを吟味します。まずはエチオピア料理「Azal」でベジプレートを食べてみました。モチっとした食感のエチオピアの主食インジェラに、適度なスパイスが効いたおかずが数種類入ったセットは、一皿でいろんな味が楽しめるのが魅力です。

自家製パストラミがたっぷり入ったサンドイッチのお店「Mr. Pastrami」で、ホットサンドも食べてみました。カリッとプレスされたパンに、赤身肉の旨みが詰まったパストラミと絶妙な味付けの野菜がサンドされています。添えられたソースがさらに肉の美味しさを引き立ててくれます。

食後にコーヒースタンド「Hoppenworth&Ploch」へ。しっかりとした苦味のコーヒーにラテアートで、見た目も美味しい一杯でした。ほかにも自家製ケーキやレモネード、そば粉のクレープなど食べたいものが盛り沢山。毎回出店するお店が微妙に違うので何度来ても飽きず、1人で立ち寄る人から友だち同士で分けながら食べる若者グループ、赤ちゃん連れの家族に近所の老夫婦など、あらゆる世代の人たちが気軽に美味しいものを楽しめます。外のスタンドで立ち食いするも良し、屋内の長椅子で相席を楽しみながらいろいろつまむ良し。国際色豊かなフランクフルトらしい食の市で、満腹な土曜日を過ごしませんか?(Text & Photos:ユゴさや香)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines
バナー 習い事&スクールガイド バナー ドイツ・デュッセルドルフのオートジャパン 車のことなら任せて安心 ドイツからのお引越しはグローバス・リロケーション 日本メディカルセンター"

ロンドンのゲストハウス