instagram Facebookツイッター
Hautarztpraxis Dr Chen プライベート皮膚科診療院 Dr. チェン
Di. 18. Dez. 2018
Eメール 印刷
>世界一蹴の旅世界一蹴の旅
サッカーワールドカップ出場32カ国周遊記
村上 敦伺 / 四方 健太郎(著)

双葉社 ISBN: 978-4575302264

ドイツで開催された第6回女子サッカーワールドカップ(W杯)。7月17日にフランクフルトで行われた最終決戦には、たくさんの日本人サポーターが駆けつけた。決勝戦に勝ち進んだ祖国に対する誇りを胸に、試合前からみんな本当に良い顔をしていた。と、その中でも特に異彩を放つ集団を発見。格好が派手なことを差し引いても、なんだかすっごく熱~く、楽しそうで、目が離せない。

それもそのはず、その集団の先頭に立ち、日本代表のメインカラー「青」を用いたオリジナルの鎧をまとった彼は、サッカー観戦を楽しむプロだったのだ。どういうことかというと、今回ご紹介する「世界一蹴の旅」にその答えがある。

同書は、女子W杯で青きサムライに扮していた「アシシ」こと村上敦伺さんと、相方の「ヨモケン」こと四方健太郎さん、この2人のユニット「Libero」の旅の記録。しかし、ただの旅じゃございません。

旅のテーマは「2010年W杯南アフリカ大会」。各地の予選を勝ち抜いて、W杯南アフリカ大会の出場を決めた全32カ国。サッカーの世界一を決める大舞台に立つこれらの国々をW杯本戦開始前の1年間ですべて巡り、自分たちの目で見て、空気を吸って、現地の人々と触れ合う。そして、その経験を経て試合を観るという、とてつもなく壮大で贅沢なW杯観戦計画を実現。当時、現地からの様子をリアルタイムで記録していたブログ「世界一蹴の旅」を書籍化したのが本書だ。

スポンサーなし、サッカーと旅が好きな30代のサラリーマン2人が、W杯という世界的なお祭りに乗じ、自力で資金を貯めて一世一代の旅に出た。そこには、予期せぬ感動や笑い、リアルな涙がある。現地での観戦レポートから、各国のサッカー協会への突撃訪問、代表選手への突撃取材など、2人の体当たりな行動から繰り広げられる32カ国それぞれのドラマは、読者の心の中にくすぶっている「挑戦する心」を刺激する。

一度きりの人生、どう生きるの? どう楽しむの?! サッカーを軸に世界を巡る彼らの旅は、現代を生きる私たちに人生の本質を問いかける。(高)



過去のおすすめリスト

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Japan Airlines HIS ツアー 2019年カレンダー販売

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
ロンドンのゲストハウス